レンドルミンのジェネリック「ブロチゾラム」の効果・副作用と薬価・適応

うつからの回復

ブロチゾラムは、レンドルミンのジェネリック薬品です。

ジェネリックは別名後発薬とも言われ、元祖の薬の特許期間が過ぎた後に、元の薬と同じように作られたものになります。

つまり、ジェネリックは効果や副作用という観点からは元祖の薬と同じものになります。

レンドルミンは発売が1988年と、とても歴史のある薬ですが、現在でもよく使われている睡眠薬の1つです。

ここでは、レンドルミンのジェネリックであるブロチゾラムについてご紹介します。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ成分を持ち、同じ効き目薬です。

製薬会社が新薬を発売した際には、特許を取得するため、特許期間中は他の製薬会社は同じ薬を開発・販売することができません。

特許期間が切れた後に、先発薬(新薬)と同じように作られた薬がジェネリックとなります。

新薬で既に有効成分、薬の構造などがわかっているため、ジェネリックは少ないコストで開発することができます。

そのため、一般的に先発薬に比べ、薬価が安いという特徴があります。

ブロチゾラムの概要

まず、上記のように、ブロチゾラムはレンドルミンのジェネリックであるため、効果としてはこの2つは同じものと考えてしまって差し支えありません。

以下に簡単にレンドルミンの効果と副作用をご紹介します。

レンドルミンの効果

レンドルミンはベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。

ベンゾジアゼピン系というのは、数十年に渡って使われ続け、現在でもなお主流として使われている系統の薬になります。

レンドルミンはこのベンゾジアゼピン系の中でも代表的な睡眠薬です。

レンドルミンの特徴としては、作用時間が比較的短く、作用の強さもマイルドであることが挙げられます。

作用時間は概ね4時間~6時間程度です。

作用時間が程よい長さで、強さもマイルドであることから、最初に使われる睡眠薬として処方されることが多いようです。

また、その使い勝手のよさから、精神のみならず、など他のでも処方されやすい睡眠薬となっています。

一方で、睡眠薬を常習している人や、ある程度以上の睡眠障害の人からの評判はあまりよくありません。

というのは、レンドルミンは前述のように効果がマイルドなため、睡眠薬に慣れてしまったり、睡眠障害が重い場合にはなかなか効きにくいからです。

かくいう私もかつてはレンドルミンを使用していましたが、今となっては全く使わなくなりました。

残念ながら、睡眠薬に慣れてしまった今、使ったところで大きな効果はないと思われます。

レンドルミンの副作用

レンドルミンをはじめとした睡眠薬にはいくつかの副作用があります。

代表的なところでは、

  • 耐性
  • 依存性
  • 眠気の持ち越し
  • ふらつき

などです。

眠気の持越し

睡眠薬を使うと、しばしば翌日まで眠気を持ち越してしまい、翌日も眠いままという状態になることがあります。

このようなことが起こる原因には、

  • 使っている睡眠薬が強すぎる
  • 作用時間が長すぎる

といったことが挙げられます。

この辺りは薬の種類や量で調整可能ですので、眠気を持ち越してしまう場合には医者と相談しましょう。

レンドルミンの場合には、作用はそれほど強くなく、作用時間も短いため、眠気を持ち越すことはあまりありません。

ふらつき

ふらつきは、睡眠薬を服用後に何か活動をすると起こります。

睡眠薬を使われた経験のある方はわかると思いますが、睡眠薬を服用後は眠くなると同時に足元がふらふらしてきます。

イメージとしては、アルコールを飲み過ぎた時のふらつきのようなものです。

このふらつきは睡眠薬を服用後に直ぐに床に着けば特段問題にはなりません。

ただし、夜中に途中でトイレに起きてしまったときなどは、注意する必要があります。

耐性と依存性

睡眠薬で一番問題になりやすいのが、「耐性」や「依存性」といった副作用です。

「耐性」というのは、その薬を使い続けていると、体が慣れてしまい、同じ効果を得るためにはより多くの量を必要としてしまうことを言います。

「依存性」というのは、その薬に依存してしまい、その薬なしではいられない、その薬が止められないという状態になってしまうことを言います。

この2つは由々しき問題で、しばしば薬を止められない原因になりますので、睡眠薬は1か月以内の使用が望ましいと言われています。

レンドルミンに関しては睡眠作用は強くありませんが、やはり使っているうちに止めにくくなってなってきますので、依存性や耐性には注意が必要です。

なお、レンドルミンの詳細については、以下の記事をご参照ください。

レンドルミンの効果・副作用と使ってみた体感
レンドルミンはベンゾジアゼピン系というカテゴリーに属する睡眠薬です。 ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は現在主流として使われている系...

レンドルミンのジェネリック

レンドルミンのジェネリックは以下の種類になります(お薬110番より)

  • ブロチゾラム錠: 0.25mg
  • ブロチゾラムOD錠:0.25mg

先発薬のレンドルミンと同じラインナップとなっています。

そもそもレンドルミンは用量が2種類ととてもシンプルなラインナップになっています。

なお、OD錠とは、水がなくても口の中で溶けて飲めるタイプの薬になります。

ジェネリックのメリット

ジェネリックのメリットはなんといっても薬価が安いことです。

一般的に、ジェネリックになると、薬価は数分の1程度になります。

もちろん効果は先発薬と変わりません。

現在先発薬を使われている方は、ジェネリックを使った方がお財布に優しくなります。

ブロチゾラム錠の薬価

では、レンドルミンのジェネリックであるブロチゾラム錠の薬価はどのくらいなのでしょうか。

以下が先発薬のレンドルミンとの比較になります。

  • 0.25mg:レンドルミン27.5円⇒ブロチゾラム6.1円
  • OD錠0.25mg:レンドルミン27.5円⇒ブロチゾラム6.1円

レンドルミンは大変よく使われている薬の為、ジェネリックも多くの種類があります。

具体的には、「ブロチゾラム」に加え、「グッドミン」、「ブロゾーム」など名称も様々です。

ただし、近年では、徐々に「ブロチゾラム」に統一していく流れがありますので、ここではブロチゾラムのみを記載しています。

また、薬価についてもジェネリックによって多少の違いがありますが、ここでは代表的な薬価を記載しています。

レンドルミンとブロチゾラムの薬価を比べると、後者の方が大変安いことがわかります。

ブロチゾラムはおよそ4分の1の薬価になっています。

前述の通り、効果に関しては先発薬とジェネリックで変わりませんので、患者からするとジェネリックを使わない理由はほとんどないと言えます。

ブロチゾラム錠の適応

ブロチゾラム錠の適応疾患は以下になっています。

  • 不眠症
  • 麻酔前投薬

睡眠薬という名の通り、基本的に不眠症に使われる薬となっています。

レンドルミンと適応疾患は同じですので、今レンドルミンを使っている方は、そのままブロチゾラムに置き換えることが可能です。

適応疾患が違う場合もある

ジェネリックが発売された直後の場合には、先発薬とジェネリックとで適応が異なり、単純に置き換えることができない場合があります。

なぜこのようなこと起こるかと言うと、先発薬の特許は適応疾患毎に管理されているためです。

例えば、最初に統合失調症の適応でAという薬が発売され、その後何年かしてうつ病が適応に加わったとします。

このような場合には、Aのジェネリックが発売されても、当初は適応が統合失調症しかなく、ある程度時間が経ってからうつ病も適応になるということが起こり得ます。

ブロチゾラムに関しては、先発薬もジェネリックも発売からかなり時間が経過しているため、このような適応の不一致はありませんのでどの適応であってもそのまま置き換えることが可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらも読まれています
こちらも読まれています