ソラナックスのジェネリック「アルプラゾラム」の効果・副作用と薬価・適応

リラックス

アルプラゾラムは、ソラナックス(コンスタン)のジェネリック薬品です。

ジェネリックは別名後発薬とも言われ、元祖の薬の特許期間が過ぎた後に、元の薬と同じように作られたものになります。

つまり、ジェネリックは効果や副作用という観点からは元祖の薬と同じものになります。

ソラナックス(コンスタン)は発売が1984年と、歴史のある薬ですが、現在でも非常によく使われる抗不安薬の1つです。

ここでは、ソラナックスのジェネリックであるアルプラゾラムについてご紹介します。

なお、ソラナックスとコンスタンは名前は違いますが、中身は同じ薬になりますので、以下ではソラナックスと表記を統一します。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ成分を持ち、同じ効き目薬です。

製薬会社が新薬を発売した際には、特許を取得するため、特許期間中は他の製薬会社は同じ薬を開発・販売することができません。

特許期間が切れた後に、先発薬(新薬)と同じように作られた薬がジェネリックとなります。

新薬で既に有効成分、薬の構造などがわかっているため、ジェネリックは少ないコストで開発することができます。

そのため、一般的に先発薬に比べ、薬価が安いという特徴があります。

アルプラゾラムの概要

まず、上記のように、アルプラゾラムはソラナックスのジェネリックであるため、効果としてはこの2つは同じものと考えてしまって差し支えありません。

以下に簡単にソラナックスの効果と副作用をご紹介します。

ソラナックスの効果

ソラナックスは抗不安薬と呼ばれるカテゴリーに属する薬です。

抗不安薬とは、別名精神安定剤とも呼ばれ、不安を和らげ、心身を休みやすい状態にする薬です。

ソラナックスの特徴としては、作用時間がそこそこ長く(中時間作用型)、また抗不安作用も即効性があり確かです。

そのため、すぐに効果を必要とし、かつある程度の時間、効果を継続させたい場合によく使われる薬となっています。

ソラナックスの抗不安作用は切れがあり、使って間もなくすると頭がぼーっとしてきて、ぼんやりと眠くなります。

そして、効果は概ね5~7時間程度続きます。

割りと眠くなるので、ソラナックスを使った後に眠ってしまうこともあります。

このソラナックスという薬は効果が確かで、かつ作用時間も程よい長さのため、国内のみならず海外でも大変よく使われていると言われています。

ソラナックスの副作用

ソラナックスをはじめとした抗不安薬にはいくつかの副作用があります

代表的なところでは、

  • 耐性
  • 依存性
  • 眠気
  • ふらつき

などです。

眠気とふらつき

抗不安薬と睡眠薬は親戚のようなものなので、「眠気」やそれにともなう「ふらつき」といった副作用が発生するのは致し方ないことです。

この辺りはあらかじめ認識しておく必要があります。

ソラナックスの場合は、効果のキレがよいため、眠気やふらつきなどの副作用は比較的注意が必要と思われます。

私が使った限りにおいても、ソラナックスを使った後は、程度の差はありますが大抵眠くなりました。

耐性と依存性

副作用としてより問題なのは、「耐性」や「依存性」といった症状です。

「耐性」というのは、その薬を使い続けていると、体が慣れてしまい、同じ効果を得るためにはより多くの量を必要としてしまうことと言います。

「依存性」というのは、その薬に依存してしまい、その薬なしではいられない、その薬が止められないという状態になってしまうことを言います。

この2つは由々しき問題ですので、抗不安薬や睡眠薬は1か月以内の使用が望ましいと言われています

ソラナックスは作用時間は中間タイプの薬で、抗不安作用が強いため、依存性や耐性については注意が必要と思われます。

なお、ソラナックスの詳細については、以下の記事をご参照ください。

ソラナックス(コンスタン)の効果と副作用。程よい強さと眠気を催す抗不安薬
ソラナックス(コンスタン)は抗不安薬というカテゴリーに属する薬です。 抗不安薬とは脳の緊張や興奮を抑え、不安を和らげる効果のあ...

ソラナックスのジェネリック

ソラナックスのジェネリックは以下の種類になります(お薬110番より)

  • アルプラゾラム錠: 0.4mg、0.8mg

シンプルに、2種類の錠剤となっています。

このラインナップはソラナックスと同じです。

なお、ソラナックスと同じ先発薬であるコンスタンは、薬価はほぼソラナックスと同じです。

ジェネリックのメリット

ジェネリックのメリットはなんといっても薬価が安いことです。

一般的に、ジェネリックになると、薬価は数分の1程度になります。

もちろん効果は先発薬(ソラナックス)と変わりません。

現在ソラナックスを使われている方は、ジェネリックを使った方がお財布に優しくなります。

アルプラゾラムの薬価

では、ソラナックスのジェネリックであるアルプラゾラム錠の薬価はどのくらいなのでしょうか。

以下が先発薬のソラナックスとの比較になります。

  • 0.4mg:ソラナックス8.5円⇒アルプラゾラム5.6円
  • 0.8mg:ソラナックス14.4円⇒アルプラゾラム7.4円

用量により価格差は異なりますが、0.4mgでは概ね30%安くなり、0.8mgでは概ね半分の薬価となっています。

用量が大きくなるほど、ジェネリックのお得度が増しています。

しかしながら、一般的なジェネリックのディスカウント幅に比べると、それほど安くはないレベルの水準です。

理由としては、ソラナックスは発売から大分経っているため、ソラナックス自身が安くなっているからです。

ただ、いずれにせよため、アルプラゾラムの方が安いことには変わりないため、ソラナックスを処方された場合には、アルプラゾラムに置き換えることをおすすめします。

アルプラゾラムの適応

アルプラゾラムの適応疾患は以下になっています。

  • 心身症(胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、自律神経失調症)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害

色々と書かれていますが、抗不安薬によく見られるような記載になっています。

不安のみならず、睡眠障害や抑うつ、心身症にも適応があります。

この適応はソラナックスと同じですので、今ソラナックスを使っている方は、そのままアルプラゾラムに置き換えることが可能です

上記のように、薬価の面ではジェネリックの方がお得ですので、ソラナックスを使われている方、処方された方は、ジェネリックを使用されることをおすすめします。

適応疾患が違う場合もある

ジェネリックが発売された直後の場合には、先発薬とジェネリックとで適応が異なり、単純に置き換えることができない場合があります。

なぜこのようなこと起こるかと言うと、先発薬の特許は適応疾患毎に管理されているためです。

例えば、最初に統合失調症の適応でAという薬が発売され、その後何年かしてうつ病が適応に加わったとします。

このような場合には、Aのジェネリックが発売されても、当初は適応が統合失調症しかなく、ある程度時間が経ってからうつ病も適応になるということが起こり得ます。

アルプラゾラムに関しては、先発薬もジェネリックも発売からかなり時間が経過しているため、このような適応の不一致はありませんのでどの適応であってもそのまま置き換えることが可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらも読まれています
こちらも読まれています